ノルウェイ森猫の冒険~フレイ・イン・フロディ~

The Adventures of a Norwegian Forest Cat (and his note-taker).           

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

真夏の夜の化け猫集会??~推理編~

こんにちは~、前回に引き続き、プチ怪談?
かと思われた真夏の夜の猫の不思議な集会についてお届けします。


DSCN1953.jpg

車のライトを浴びて瞳をぎんぎらぎんに輝かせた
20頭くらいの猫たちが走り寄って来たちょっと怖い不思議な出来事。

この猫たちは、何故、こんなにたくさん集まっていたのか?
そして何故、車が近付いても逃げずにこちらに走ってきたのか?


私と同乗者が、帰りの車中で、あ~でもない、こ~でもないと言いあって考えた
推理はこうです。
(確証はないので、おそらくこうかな~?という推測ですが)

この道の左側はかなり大きな公園なので、
おそらく集まっていた猫たちは、いわゆる”公園猫”なのではないか?
そうだとしたら、20頭くらいいてもおかしくはない。

そして、彼らには、たぶん誰かご飯をあげている人がいて、
ご飯の時間なので集まってその人を待っていたのではないか?

その人はおそらくいつも車でご飯をあげにきて、
猫たちを怖がらせないように減速して近づくのではないか。

さらに想像すると、おそらく車種も近く、モーター音が
似ていたのではないか?

猫は動体視力はいいが、視力や色覚はよくないので
視覚的な識別能力は低い。

この時間、この場所に、減速して近づいてくる
同じようなモーター音の車=いつもご飯をくれる人!

と勘違いしてしまい、
「ごはん!ごはん!」という感じで走り寄ってきたのではないか・・・



もしかしたら違うかもしれませんが、
こう考えると一番納得がいく気がします。

ただ、同乗者は、それじゃ面白くないから、
やっぱり化け猫に襲われた説を採用しようよ~
と言っていましたが。
まあたしかに、そっちの説のほうが面白みはありますね^^;


実はこのご飯をくれる人説も、あってるかな~どうかな~と半信半疑だったのですが、
前の記事のコメントのところで、トミにゃんさんが
お父様の自転車に乗っていると猫にお父様と間違われるというような
コメントを下さって、推理の内容も同じだったので、
この説もありかな~とちょっと安心しました^^


もしこの説があっていたら、集まっていた猫さんたちには申し訳なかったですね。。。
車に気をつけて元気でいてくれるといいですが。



う~ん、それにしても、合理的な説明ができるとはいえ、
今思い出しても、20匹近くの瞳がギンギラリンの猫集団が
こちらに向かって走ってきたので、さすがにこわかったですね~~~!

というわけで、個人的には、けっこう心臓ドキドキ&背筋がぞ~~~っとした猫エピソードでした。
暑い夏の夜に、少しひんや~りしていただけましたら幸いです^^



P.S ちなみに、フレイ君は「ご飯だよ~」と呼ぶと、
  「ぐる~ンナ! ぐる~ンナ」というような喉声で嬉しそうに
   「ご飯! ご飯!」と言いながら尻尾をぴ~んと立てて走り寄ってきます。
   (やっぱり猫はご飯のとき、走って寄ってきてもおかしくないですね。)

   口をあけてニャ~!と猫らしく鳴かないところが、
   とってもノルウェージャンらしい(?)です^^

   皆さんの猫さんたちは、ご飯のときなんと鳴きますか?



DSCN3580.jpg

もしこわくなっちゃった方がいらっしゃるといけないので。。。
(私以外にはいないかもですが^^;)
お口直し(?)のこわくない写真に、窓辺で夕涼むフレイく
んを。



フレイ君に、ポチポチと、
応援クリック↓をお願いできましたら嬉しいです^^


にほんブログ村 猫ブログ ノルウェージャンフォレストキャットへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
別窓 | 旅猫の記憶 | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨

真夏の夜の化け猫集会?~出題編~

こんにちは~、暑い日が続いていますね。

写真の整理をしていましたら、
かなり以前の写真ですが、
そんな暑い夏の夜にぴったり(?)の猫写真を発見!


少し(背筋が)涼しくなっていただければいいな~
と暑さ対策(?)にUPしますね。




それは、関東某所。
夜の道をドライブしていたところ・・・

DSCN1949.jpg


かなり広大な敷地の公園の横の道に、
このように、大人~中・子猫がたくさん集まっていました!

夜の猫集会でしょうか。
サイズ的に子猫~中猫が多く、うじゃうじゃと感じるほどたくさん
(20頭近く)いるようでした。

わ~、猫がいっぱい!
と喜んだわたしが写真を撮ろうとしたので、
同乗者が猫を怖がらせないようにゆっくり減速して車を止めようとしてくれました。

しかし、車の音で振り向いた彼らの瞳が。。。。!!



DSCN1953.jpg



暗闇の中で怪しく光る無数の目、目、目!
しかもなんだか、こっちに向かって走ってくる!


きゃ~~~~!!!
こ、こわい!


「なにあれ!?」 と驚く同乗者。
やはりちょっとこわいと感じたらしく、すぐスピードをあげて走り去ったのです。

冷静に考えれば、車のライトが猫の瞳に反射しただけだと思うのですが、
私が一番こわかったのは、通常は車やライトから逃げる猫が、
ひるむことなく、こちらに向かって走ってくるという、
猫の習性としては不自然な行動をしたことです。
しかも20頭近くの集団で。

さすがの猫好きのわたしも、20頭近くの瞳がギンギラリンの猫が
走り寄ってきたら、反射的にこわかったです!!!


その後、同乗者が、あれって普通の猫? 化け猫?と冗談(だと思うのですが^^;)
を言いだし・・・

私も恥ずかしながら一瞬、化け猫?というのが頭をよぎりました。。。
ほんの一瞬ですよ、一瞬!

それから、化け猫の怪談噺は狂犬病の猫の病状を元に作られた
という説を思い出して、さらに恐くなってしまいました。。。

もしかして、狂犬病などにかかってしまった猫の集団で、
症状の一つに精神錯乱があるので、正常な判断能力がなくて、
車や人間に向かって襲って(?)きたの?? 

などなど、いろいろな想像が頭をぐるぐる。。。
背筋がぞくぞく。。。



何故あれだけの数の猫が集まっていたのか?
何故、車が近付いても逃げずに走って向かって来たのか?



エニグマ。。。。
ということで、帰りの車中は推理大会に!



みなさんは何故だったと思われますか?



長くなってしまうので、推理編(?)は明日のブログに^^






フレイ君に、ポチポチと、
応援クリック↓をお願いできましたら嬉しいです^^


にほんブログ村 猫ブログ ノルウェージャンフォレストキャットへ
にほんブログ村


別窓 | 旅猫の記憶 | コメント:3 | トラックバック:0
∧top | under∨

ふたご座流星群とエレクトリカル・ペンション・キャット

こんにちは~
現在滞在中の島で、
面白いペンションと可愛い猫さんに出会いました♪

宿泊先は、真っ白で可愛らしい外観のペンション。
内装は、オーナーさんがバリ島好きということで、
あちこちにバリアートが飾ってある素敵な空間。

DSCN2319.jpg

こちらは、その中でも素敵だな、と思った、
プンゴセカン スタイルのバリ絵画。
バリ島の緑豊かな自然と美しい鳥が描かれているのが特徴です。

DSCN2318.jpg

二階へと続く階段わきには、1メートル以上あるバリ猫の像が。
巨大な(150cmくらい)スノーマンさんも可愛いです^^

しかし、今回のお宿は不思議なお宿です。
仕事中、よく、「どこにお泊まりですか?」と尋ねられるのですが、
今回はお宿さんの名前を申し上げると、みなさんが
「ああ、あそこは今の時期、すごいでしょう!」
と仰るのです。

「なにがすごいのですか??」
とうかがうと、

「夜になればわかりますよ♪」

とのこと。

ちなみに、お宿に到着した時は朝5時で、
あたりは真っ暗で何も気付きませんでした。

一体、何があるんだろう~?
と不思議に思いつつお宿に帰ったところ。。。。




DSCN2311.jpg


エレクトリカル・パレード!?

写真だと光が小さく薄く写ってしまいますが、
実際はものすごくきらびやか!

物自体もこれは表の一角だけで、離れや2階などなどがあり、
お庭も広く、それらの敷地と建物すべてがきらびやかな
クリスマス・イルミネーションの塊と化し、
巨大なエレクトリカル・ペンションに^^;


DSCN2314.jpg

中庭の様子。
バーぺキューパーティやバードウォッチングの場所なのですが。。。
鳥さんもびっくりでしょうね^^;

そして、そんなキラキラのお庭の一角に。。。


DSCN2320.jpg


猫さん発見!


DSCN2322.jpg

頭上のサンタさんのライトをながめている様子です。
可愛い^^

猫語であいさつし、呼んでみたところ、
「にゃあ♪」というご機嫌な御返事とともに、
とことこと近づいてきて。。。。


DSCN2328.jpg

窓枠にジャンプして来ちゃいました^^;
お宿の飼い猫さんのうちの1匹らしいです。

賢そうな瞳に、ターキッシュバンみたいな模様のこの子、
ものすごく人懐っこく、ひとしきりにゃあにゃあ、すりすり、ごろごろと
遊んでくれました^^

イルミネーションきらきら&猫も可愛い、良いお宿です♪


ただ、一つ困ったのは、ふたご座流星群!
このキラキラのお宿からは見えそうにありません。。。
暗くて空が開けたところまでお散歩しないとですね♪

ふたご座流星群は昨夜~今夜あたりから見ごろです。
ふたご座は、冬ですとオリオン座の斜め左下にある星座です。
オリオン座を目安に探すと見つかりやすいです。
詳しくは、
こちら→国立天文台 ふたご座流星群を眺めよう2010

20時頃から見えますが、月が低くなり月明かりに邪魔されない
22時以降~早朝くらいが綺麗に見えるそうです。

場所や時間にもよりますが、
一時間に15~50個程度見えるようですから、
みなさんもぜひ、
星空を見上げて流れ星を探してみませんか?


フレイ君に、ポチポチと、
2か所の応援クリック↓をお願いできましたら嬉しいです^^

にほんブログ村 猫ブログ ノルウェージャンフォレストキャットへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

別窓 | 旅猫の記憶 | コメント:5 | トラックバック:0
∧top | under∨

幸せそうな島猫に会いました♪

こんにちは~

先日、出張先で、しあわせそうな島猫に出会いました。

DSCN1843.jpg


出張先は、こんな船で行く、太平洋の某島。



DSCN1831.jpg

海に沈む夕日。
夕暮れ時は、すべてのものが美しく見えます。

昔、ドイツで知り合った旅行好きの女性が、
立派なカメラを持っているのに写真を撮らないので、
不思議に思って尋ねたら、

「私は夕暮れ時を撮るのが好きなの。
 すべてが一番うつくしく見える時間だから」

と答えてくれました。
その答えがあまりに素敵だったので、
それ以来、わたしもちょっとまねっこさせていただいています^^


DSCN1845.jpg


さて、そんな出張の帰路、船の中で猫づれの方と知り合いました。
猫好き同士、すぐに意気投合~
可愛いキャリーバッグの中から出てきたのは。。。


DSCN1846.jpg


茶とら猫の茶々(ちゃちゃ)ちゃん
4カ月になったばっかりの女の子です。
とってもなつっこくて、可愛い子でした。

DSCN1847.jpg

でも、この茶々ちゃん、実は元野良猫さんです。
お仕事で島に来ていた飼い主さんが、道に飛び出してきた茶々ちゃんを
車で轢きそうになり、保護したそうです。
ものすごく可愛がっていらっしゃいました^^

この島に限らず、日本には、家庭猫の野生化と増殖が
問題になっている島がいくつかあります。
一般的なネズミや鳥だけではなく、貴重な天然記念物の生物や
島の固有種などを食用にしてしてしまうこともあり、
そういった生物の生息数が減少している原因の一つにもなっているそうです。

島をあげて避妊去勢を促進しているところや、
年間に100匹ほどを捕獲して去勢・避妊している島もあるそうですが、
猫たちは、一年で約3倍以上に増えるそうです。
一昔前なら、害獣として駆除されてたいたかも、、、とのこと。
島の猫をめぐる問題は解決が難しいようです。

そんなお話を伺った今回だったので、
帰りの船の中で茶々ちゃんと飼い主さんにお会いできて、
気持ちが少しあたたかくなりました。
茶々ちゃん、元気で、しあわせになってね^^




おまけ♪ 

2010.8.9フレイ4日目ハンモックの上で遊ぶ 一番可愛い写真 - コピー

茶々ちゃんと同じ4カ月ごろのフレイ君。
とっても可愛かったです^^

2010.8.7 フレイ2日目あくび

でも、ひらき好きとあくびの豪快さは当時から。。。^^;


実家に里帰り中のフレイ君に、2か所ポチポチと、
応援クリック↓をお願いできましたら嬉しいです^^

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


別窓 | 旅猫の記憶 | コメント:4 | トラックバック:0
∧top | under∨
| ノルウェイ森猫の冒険~フレイ・イン・フロディ~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。