ノルウェイ森猫の冒険~フレイ・イン・フロディ~

The Adventures of a Norwegian Forest Cat (and his note-taker).           

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

猫と同居人と机の事情

猫と暮らすには、シンプルが何より。

と、「破壊の女王」と呼ばれていた前猫に教えてもらいました。

今のフレイくんはいい子ですが、私が見ていないときには、
やはり、好奇心に負けて机の上のものをホッケーすることもあります。

いけないことなのは理解しているので、私が見ているときにはしないため、
なかなか現行犯で条件付けを徹底する機会がないのも原因かも。

こればかりは仕方がないので、人間のほうが歩み寄り。

夜寝るとき机の上にあっていいのは、フレイくんが落とせない、
Moleskineのノート達とボトルアクアリウムだけにしています。
(灯りはボトルアクアリウムの植物用の太陽光ライト兼デスクライト)


DSCN3943.jpg

隣にある大きな本棚に本も文献もPCもペンホルダーもすべて収納。
机周りにはあえて何も飾らずに、白と木の色だけ。
ちょっとそっけない空間ですが、
このすっきりした環境が、集中やアイデアを考えるのにとってもいいのです。
思考を邪魔するモノが何もない、広い机の上が好きです。


DSCN3946.jpg

え~とまあ、勝手に歩いてきて乗っかる物体もいますが^^;


この机はフレイくんが乗るのはOKにしています。
横が150cmあり、フレイくんがいても作業可能なので、書きものや作業中に
猫が隣でゴロゴロしたり、可愛い寝顔が見られるという楽しみがあります♪

うちでフレイくんが絶対乗ってはいけないのは、火や刃物、洗剤など危険の多い
キッチン台の上と、料理が乗っているときのテーブルの上だけ。

フレイくんもよく分かっていて、特にキッチンの上には私がいなくても絶対乗りません。
その代わり、机の上はOKという、これも歩み寄りルール。


DSCN3921.jpg

フレイくんが机に乗ってくるのは、撫でたり抱っこしたりとかまってほしいか、
おもちゃを投げて持ってこいゲームをしてほしいか、
こんな風にボトルアクアリウムの魚を見たい時。

絶対にハンティングできないのは経験上理解しているので、
本気で魚を捕ろうとはしません。
でも念のため、私がいないときはふたは軽くしめています。


2010.8.30 テーブルの上のフレイ君2

子猫の頃からこのボトルアクアリウムがお気に入りでした。
この当時のフレイくん、1.5キロ。
可愛い子猫時代~

DSCN3920.jpg

現在のフレイくん、5.4キロ。
上の写真から約一年で、3.6倍になりました。


DSCN3922.jpg


「可愛い大猫時代~でしょ?」

「そ、そうですね~^^;」



フレイ君に、ポチポチと、
応援クリック↓をお願いできましたら嬉しいです^^

にほんブログ村 猫ブログ ノルウェージャンフォレストキャット</strong>へ
にほんブログ村




スポンサーサイト
別窓 | 猫とボトルアクアリウム | コメント:7 | トラックバック:0
∧top | under∨
| ノルウェイ森猫の冒険~フレイ・イン・フロディ~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。