ノルウェイ森猫の冒険~フレイ・イン・フロディ~

The Adventures of a Norwegian Forest Cat (and his note-taker).           

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

フレイくんのご飯の作り方 その1 「材料はこんな感じです」

猫飼いの友達からフレイ君のご飯について質問があったのですが、
口頭で説明するのがちょっと難しいので、フレイくんのご飯事情をUPします~


同居人が面倒なことがあまり得意ではないので、
フレイくんのご飯は、基本的に3分の1手作り食という感じです。

1.数種類のウェットフード(プレミアムフード系)か、ドライフード(消化のよい療法食系)

2.鶏、牛、兎、鴨、七面鳥、鹿などのお肉(時々オーガニック地鶏のお刺身用を半生で)

3.猫が食べても大丈夫な野菜いろいろ

4.その他サプリメントやおやつ、時々「ビオフェルミン」をちょっぴり添加

の組み合わせです。

あと、

5.水分たっぷり!
  (ご飯から一日200mlくらいの水分がとれるように)
 
を心がけています。

それから、ブリーダーさんや獣医さんからのアドバイスで、
人間と同じく猫も栄養が偏るのはよくないということで、
どんなに良いキャットフードでもやはり一種類では栄養が偏るので、
栄養素を比べて、バランスがとれるように数種類ずつあげています。

カロリー計算はともかく、猫に必要な栄養の細かな計算や調整、
栄養素の過不足を補うサプリメントの添加などはまだ難しいので、
基本的に3分の2はウェットフードかドライフード
という手抜きの3分の1手作り食です。

文字で書くと、我ながらなんだか面倒そうなことしてるな~という感じがしますが、
人間のご飯も猫のご飯も、味や栄養、盛りつけに加えて、
「いかに楽に継続してできるか!」
も大事だと思っているので、
いろいろ楽になる手抜きをしています^^;

ご飯づくりにかかる時間は週に1回か2回で、15分くらい。
毎日のご飯準備はフォーク一本+3分で済みます。
とっても楽ちんです♪

DSCN3614.jpg


さて、まずはご飯関係の食材のご紹介。
並べてみたら、こんな感じです~


DSCN3612.jpg

まずはお肉系。
これは鳥ササミをゆでたもの。
そのほかに、鳥胸肉や兎肉、牛、鴨、鹿、お魚などのお肉なども食べます。
週に1、2回、近くのお肉屋さんでオーガニック地鶏のお刺身用を買って、半生であげることも。
フレイくんは、市販の生肉だとお腹がゆるくなることがあるので、
お刺身用以外は低温で加熱してあげています。

同居人がいそがしいときは、10食分くらいたくさん買って茹でて、
ブレンダーで細かくし、一食分ずつ冷凍保存しています。
鳥の時も他のお肉のときも、重さを図ってカロリーを見、
一食分が大体ササミ1本=約50kcalくらいになるようにしています。




DSCN3623.jpg

ドライフードとウェットフード。

フレイくんはあまりお腹が強くないので、普通のドライフードはアウト。
ドライフードは消化の良い療法食を組み合わせるしかない感じです。。。
それでも子猫の頃に比べるとだいぶ胃腸も強くなっているので、長期戦の構えで。。。

療法食は、栄養が偏らないように、
ロイヤルカナンとサイエンスダイエットのほかに、アニモンダのも食べています。
2キロいりの袋は冷凍庫で保存。
1週間以内に食べられる分くらいは、手前のチャバツリーのジャーに
3種類のドライフードをブレンドして冷蔵庫で保管しています。

ロイヤルカナンとヒルズはちょっと微妙なので、
もう少ししたら、療法食はアニモンダだけにして、
のこりは他のプレミアムフードの普通のドライにしていきたいな~と思っています。

ウェットフードは、いろいろ試してみたいのですが、
今はアズミラがいっぱいありすぎて、
これを消費するのが先になっています・・・

アズミラの375g缶で、1缶で大体500kcalくらいです。
これを5食にわけ、一食約100kcalと分かりやすくして冷凍保存しています。
Ocean Fish、Beef & Chickin、Lamb & Barleyと3種類の味があるので、
栄養が偏らないように交互にあげています。



猫のご飯には一応栄養価の国際的基準のようなものもありますが、
市販のフードを見ると、細かな栄養価にはかなり違いがあります。

各社の研究開発の成果なのでしょうが、
一種類のフードだけだと、合う子にはあうけれど、
合わない子に長期的に食べされせたらどうなるんだろう?
という懸念も。

また、有名なペットフードやプレミアムフードへの
異物混入やリコール事件、メラミンの混入による中毒死などもあり、
完全に安全なペットフードってないんだな~と実感します。

こう考えると、数種類のフードをあげるのは、栄養的にも、
事故対策という意味でも、良いリスクヘッジになると思います。

な~んて辛口なことを書いていますが、
市販のフードにもいいところはあると思います。
まずやっぱり保存性、それに栄養価がはっきりしているところ。
基本的にはそれだけで数字上の栄養は足りるように作ってあるところ、などなど。

有名なフードや安価なフードの中には内容表示を読んで、
正直、う~ん・・とか、え~~!?というのもかなりあるので、
良いフード(できればプレミアムフード系)選びは大事ですが。

自分のずぼらな性格を知っているので、
私が慣れない栄養計算で完全手作りにするよりは、
専門家が研究開発&改良を重ね、品質保持に努めているフードの栄養価の方が
必要量を満たしているという意味ではいいときもあるのでは、と思っています。
それに、正直、私の場合、完全手作り食を毎日続けるのは難しい日も^^;
↑まめな人はきっと大丈夫!

フードが3分の2あれば、その体重の猫の必要最低限のカロリーと栄養素が8割方採れている計算になります。
逆に手作り食が3分の1以上になると、栄養バランス的にも過不足が出てきて、
栄養価の計算をしながらご飯をあげないといけなくなりそうです。
というわけで、3分の2はフード、3分の1は手作りという割合でやっています。

いろんなことと同じで、猫のご飯も、注意してあげることは必要だけど、
あんまり神経質になりすぎてもよくないかな、と思いますし、
市販のフードと手作り食、それぞれの長所・短所を兼ね合わせ、
栄養バランスを考慮しつつ、飼い主がリスクへッジして、
猫の体や好みと相談しながら、
Perfect food は無理でも、
Good enough food を目指せたらいいな~と思っています^^




DSCN3616.jpg

野菜類は、猫にあげても大丈夫な野菜を2~3種類ずつローテーションで。

電子レンジで2分くらいさっと蒸して、
お肉の煮汁を加えて、ハンディブレンダーですりつぶし、
一食分が大体大さじ1=10~15kcalくらいになるようにして冷凍保存しています。

今回のように、ニンジン1本、ブロッコリー半分を蒸して煮汁を加えてすりつぶすと、
大体約10食分くらいができます。



DSCN3620.jpg

サプリメントやおやつ。
今回はフレイ君が我が家に来て一年目記念のプレゼントが残っていたので
けっこうありますが、普段はあんまりないです。基本はご飯。

左側の青いのが国産猫用ゴートミルク。
水分補給もかねて、おやつにあげています。

ゴート=ヤギ のミルクは牛のミルクと違って猫もちゃんと消化吸収できるし、
タウリンやカルシウムなど猫に必要な栄養もたっぷり。


可愛い猫がついているパッケージのは、
フレイくんの実家RIENさんが出している、
手作りご飯に加える用のミネラルや栄養サプリメント
フード少なめ鶏肉多めのご飯のときに栄養バランスをとるために加えています。

あと、写真撮り忘れましたが、
お腹の緩いときは人間用の粉状の『ビオフェルミン』を
人間用の10分の1量くわえています。

獣医さんもそれでいいですよ~
獣医で出す整腸剤も中身はほとんどビオフェルミンと同じだから。
とのことだったので^^;

この3つは常備品です。
以下のおやつは普段はないもの。

透明なパッケージのは、カントリーロードさんの
猫用減塩チーズと無添加の肺のフリーズドライの猫用おやつ。
後ろのGreeniesは猫用の歯磨きも兼ねたおやつ。
基本的におやつは無添加のものか、
できるだけ安全な保存料や着色料を使っているものをあげています。

家にいられる時間が少ないせいか、
おやつをあげるタイミングがあんまりなくて減りません。
なので普段は冷凍庫保存。
あげるときにはレンジで10秒ほど温めてあげています。


DSCN3606.jpg

『ご飯まだ~?』

フレイくんが飢えているようなので、
次回は、ご飯づくり実践編を^^



フレイ君に、ポチポチと、
応援クリック↓をお願いできましたら嬉しいです^^


にほんブログ村 猫ブログ ノルウェージャンフォレストキャットへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

別窓 | 猫のご飯&手作りご飯 | コメント:3 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<フレイくんのご飯の作り方 その2 「ブレンダーとスケールは便利です♪」 | ノルウェイ森猫の冒険~フレイ・イン・フロディ~ | 真夏の夜の化け猫集会??~推理編~>>

この記事のコメント

す、((;゚д゚))ス、スゲェ
フレイ君の為に色々考えたご飯、しかも半手作りなんてすばらしいです(´▽`*)
愛情をいっぱいかけて貰って、フレイ君も幸せだね♪
我が家は・・・お恥ずかしい(*-∀-)ゞ
ポチッ☆
2011-08-18 Thu 15:41 | URL | みゅうらむ #-[ 内容変更] | top↑
私も 手作りご飯勉強中です。
大変参考になってます~ 次号まち~(笑)

やっぱ生肉は 少しゆでた方がいいですか?
うちは 鶏肉も牛肉もそのまま生で あげてます。
豚肉だけは さすがにあげてないのですが それもだいじょうぶだとか?

ここんとこちょっと考慮して ドライはカロリー控えめを選ぶようになりました(汗)
2011-08-19 Fri 04:53 | URL | なおこ #KGAhWzec[ 内容変更] | top↑
>みゅうらむさんへ

 いえいえ、3分の1しか手作りじゃない=3分の2は市販のフードなんですよ~><
 栄養計算とかちゃんとしてあげられれば、もっと手作りの和wりあいをふやしてあげられるんですけど、なかなか^^;


>なおこさんへ
 生肉、いいとおもいますよ~
 フレイくんもお腹が大丈夫なときはなるべくミディアムであげています^^
 生肉は表面に雑菌がついているので、軽く湯通しするか、薄いリンゴ酢水などにつけて殺菌してあげてからあげると安心だと思います^^
2011-08-20 Sat 09:35 | URL | シェラ #-[ 内容変更] | top↑
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| ノルウェイ森猫の冒険~フレイ・イン・フロディ~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。