ノルウェイ森猫の冒険~フレイ・イン・フロディ~

The Adventures of a Norwegian Forest Cat (and his note-taker).           

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

フレイくんのご飯の作り方 その2 「ブレンダーとスケールは便利です♪」

さて、実際のフレイ君のご飯づくりですが、
面倒くさがりの私を助けてくれる
便利な道具が二つあります。


DSCN3624.jpg

一つ目は、ハンディブレンダー!
消化しやすくするために、材料を細かくするのに使います。
手で刻むより断然便利で細かくなります。
多頭ぐらしのお家だとフードプロセッサーでもいいと思います。
うちのはBosch(ボッシュ)のコードレスです。

人間用には、野菜の粗みじん切りや、お肉のミンチ、バジルペースト、
鍋に入ったままのスープにブレンダーを突っ込んでポタージュスープをよく作ります。

あ、そうそう、時々、コードありのハンディブレンダーを持っている友人などに
コードレスの使い心地をきかれますが、同じくらい大丈夫だと思いますよ~

コードレスのメリットは、1、2週間に1回充電するだけでよく、
コードや充電器が邪魔にならないこと。
友達宅にご飯づくりに行く時も、そのまま持って行けます。
Boschのは、キッチンのテーマカラーの白と赤なので気に行っています。
充電器はパントリーに片付けて、充電するときだけ登場します。


さて、ではそのお役立ち度ですが、


DSCN3608.jpg

ササミ鳥ササミをゆでているところ。
この日は帰宅が遅くて、お店には鳥ササミ3本入りが1パックしか残っていなかったので、3本だけですが、普段は10本くらい一度に茹でます。
沸騰したらすぐ火をとめて余熱で熱を入れると、たんぱく質の変質が少なく、
柔らかく煮あがります。


DSCN3629.jpg

ササミ2本(1本は自分のご飯に用にしました)と煮汁を入れて、

DSCN3630.jpg

ハンディブレンダーで5秒で、とろとろ状態になります。
お肉のほうは、少し歯ごたえが残るくらいで。


DSCN3632.jpg

電子レンジで2分ほど蒸した(ビタミンが残るように短め時間で蒸すようにしています)
ニンジン1本とブロッコリー半分に残りのササミ茹で汁を入れたもの


DSCN3633.jpg

30秒で、mashed vegitablesの出来上がり。
お腹の調子がよくないときは、もっとクリーム状に、野菜のクーリみたいにします。
最近はマッシュっぽいこのくらいで大丈夫。


DSCN3662.jpg

ちなみにブレンダーの音がすると、
フレイくんも興味津津で見ています^^;


DSCN3634.jpg

野菜はそのまま10個に小分けしてラップに包み、
冷凍用のジップロックに。

わざわざラップで小分けにしてさらにジップロックにいれて。。。
面倒じゃない? と言われたことありますが、

私にはこれが一番楽でした~。
ラップを少し大きめに切り、スープがこぼれないように四隅をたたんで包めば、
スープたっぷりでも大丈夫。

肉の茹で汁と、お肉や野菜のマッシュを、別別に製氷皿で凍らせる、
という手もありますが、これ。。。面倒で続きませんでした><
(こんなことさえ面倒な自分がちょっとかなしい。。。)

まず、製氷皿は2つしかないので、野菜、肉、煮汁10日分を一度に凍らせられず、
何回かにわけないといけない→面倒&その間にビタミンとか失われるかも。

それに煮汁入り製氷皿そのままだと、冷蔵庫内にも臭いがつくので、
ジップロックにいれてから凍らせないとですし、
野菜ならともかく、お肉やお魚の煮汁が入っていた製氷皿は、
製氷皿そのものにもなんとなく臭いがついちゃうんですよね。


使うとき、わざわざ製氷皿から取り出すのにひと手間。
凍ったあと、とりだしてまとめてジップロックにいれておいてもいいのですが、
そのひと手間&取り出すとき手で触るのも、ちょっと^^;


それに、肉、野菜、スープと分けるよりも、
肉スープ、野菜マッシュスープにして冷凍しておいたほうが、
取り出すにも温めるにも早くて便利だし、
その時々の体重や体調に合わせて一食分ずつにできるので楽~


というわけで、肉の茹で汁も一緒にブレンダーにかけ、
ラップ小分け&ジップロック式にしています^^;

一番楽な方法は人それぞれだと思うので、
自分に合ったやり方でいいと思います~


DSCN3636.jpg

日付と中身とカロリーを書いておきます。
(8個しかないのは、2個を今日と明朝ごはん用に抜いたからです)


鳥肉のほうは、今日は2本だけから、冷凍するより使いきっちゃいましょう~
そうすると、普段は、3分の2はフード、残り3分の1はお肉&野菜としていますが、
今日はお肉&野菜が3分の2になるので、こういうときは栄養素を補うために、
RIENさんのVEGI・VITA・MIX(猫の手作りご飯に加えるようの栄養素サプリ)
を加えて、栄養が足りなくならないようにしています。

DSCN3620.jpg



というわけで、一食分でも10食分でも、
調理そのものにかかる手間はあまり変わらず。

一週間分のご飯を作るのに、お肉を湯でつつ、野菜を切って
レンジで蒸して、ササミと野菜をマッシュして。。。と、10分もかかりません~

それから、ラップに小分け包装してジップロックに書き込みして。。。
使ったものを洗って道具とキッチンを拭いて、おしまい♪

一週間分の猫ご飯づくり、しめて15分なり、です^^

あとは食べるときに冷凍庫から1包づつとりだして、
レンジで1~2分。猫用皿に入れてフードとまぜ、
猫用サプリやお水を足して、3分で出来上がり。。。

なのですが、その時にこれ↓が便利です



DSCN3625.jpg

二つ目のお役立ちグッズはこれ!
スプーン型のキッチンスケールです。
色は、赤のほかにイエローとブラックもありました。

DSCN3626.jpg

一まわり小さい小さじ1~3杯用のスプーンも付け替えでついており、
小さじ~大さじ代わりにもなります。

DSCN3628.jpg

0表示の後、測りたいものを掬うと、重さが表示されます。
少量の小麦粉やお砂糖、しょう油、油、お酒などを測るのにとっても便利です♪

え~と、本日のご飯は、茹でササミ2本分のピューレと
マッシュした野菜10kcalの合わせて110kcal。

お肉が多く、フード少なめなので、
RIENさんのVegiVita Mix (猫の手作りご飯用のビタミンミネラルなど)
を少し加え(サプリメントはカロリー計算してません^^;)

150-110=40だから、
残り40kcalをドライフードで補います。


DSCN3679.jpg

療法食フード10g=40kcal。

お肉と野菜が人肌の温度くらいまでさめたらこのドライをトッピングして、
一食約150kcalご飯の出来上がり♪

ちなみに、体重5・3キロのフレイくんの一日に必要な水分摂取量は、
食べ物からとる分も含め、240~280ml。かなり多いですよね~

でも自力では絶対そんなにごくごく飲んではくれないので、
ササミピューレも野菜マッシュも、それこそスープみたいに水分たっぷりで作って、
ドライやウェットフードが多い日は水やお肉の煮汁を足します
大体1食に水分100ml、2食で200mlはとれるようにしています。
残りは自力でお願いしています^^;


フレイくんのご飯がさめるのを待つ間に、人間用のご飯も作っちゃいましょう~
フレイくんからもらった残りの茹でササミ1本と野菜とチーズ、
ベランダから摘まんできたバジルとレモンタイムで適当に人間用サラダを作り、
夜中なので、それに作り置きのパプリカスープとパンとハーブティで軽い夜ご飯♪


さて、お肉と野菜が人肌くらいに冷めたので、ドライフードをかけて、出来上がり!

DSCN3638.jpg

毎日のご飯なので、見た目はあまり気にしないでください。。。
猫が食べやすいように、中央に盛るようにしています。


DSCN3664.jpg


『やっと出来たの?』

 はい、どうぞ召し上がれ~♪


 次回はフレイ君の食べっぷり動画(ノルらしいクルル~鳴き声入り)と、
 計算が苦手な人(←私です^^;)のための手作りご飯を楽に作るコツです^^

 昨日の記事やメールでご質問いただいた、生肉や酵素のこと、一日の水分摂取量については、
 順次書いていきますね~



フレイ君に、ポチポチと、
応援クリック↓をお願いできましたら嬉しいです^^


にほんブログ村 猫ブログ ノルウェージャンフォレストキャットへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

別窓 | 猫のご飯&手作りご飯 | コメント:4 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<フレイくんのご飯の作り方 その3 「食べっぷり」 | ノルウェイ森猫の冒険~フレイ・イン・フロディ~ | フレイくんのご飯の作り方 その1 「材料はこんな感じです」>>

この記事のコメント

なるほど~
ゆでて ハンディブランダーで つぶすわけですね。
そしてつぶした野菜と混ぜる!

これうちの子たちも絶対すきそうだわ~
いつも国産のとりの缶詰をあげているんだけど 食いつきが半端ぢゃなくて・・・
国産とはいえ市販は市販
やっぱり自分で作れると 安心ですからね~

まままずは 形からということで 道具が気になる私なのでした(笑)
2011-08-19 Fri 12:27 | URL | なおこ #KGAhWzec[ 内容変更] | top↑
>なおこさんへ
 もともとは、猫は野菜を食べず、ネズミなどの獲物の胃腸の中である程度消化されつつあるのを内蔵と一緒に食べていたそうで、消化のためには細かくしたほうがいいようです^^
 
 ブレンダーやフードプロセッサー、人間の料理にも活躍するし、便利ですよ~♪
 
 国産の鶏肉、ペット用の安全なお肉の通販などもいっぱいありますから、まとめて買って手作りご飯に役立ててもいいかもですね~^^

 
2011-08-20 Sat 09:38 | URL | シェラ #-[ 内容変更] | top↑
私もブレンダーがとてもとても気になります~。
つづりんが、手作り食を食べてくれるかが問題なんだよな。
2011-08-21 Sun 14:47 | URL | karinon #-[ 内容変更] | top↑
>karinonさんへ
 ブレンダーはフードプロセッサーのような、クリーム状までするのは無理ですが、すこし粒粒したポタージュ状までならOKの、お役立ち道具です^^

手作りご飯、フレイくんは少しずつ慣らせば大丈夫だったので、綴ちゃんもきっと大丈夫では~
2011-08-21 Sun 18:45 | URL | シェラ #-[ 内容変更] | top↑
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| ノルウェイ森猫の冒険~フレイ・イン・フロディ~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。