ノルウェイ森猫の冒険~フレイ・イン・フロディ~

The Adventures of a Norwegian Forest Cat (and his note-taker).           

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

東北関東大震災の支援物資&ボランティア、一般の人にできること

こんにちは。
海外の友人(佐賀県に住んでいた人)から、
救援物資の送り先について質問があったので、
こちらでも書いておきますね。

海外の友人にもわかりやすいように書いたので、
文章が説明的ですみません。

東京はまだ余震があり、計画停電や食料買いだめ、交通機関の規制、
微量の放射能物質が飛んできた、などなど、少々 不安定な様子ですが、
大きな危険はなく、なんとかほぼ通常の生活ができています。


DSCN2462.jpg
 
でも、被災地や福島原発のことが心配で、
ネットでNHKとBBCラジオをつけっぱなしにして仕事をする日々です。


さて、救援物資についてですが、
基本的に、日本はもともと物資が豊かな国ですし、
関西以南はほぼ通常の経済活動および生産活動を継続しています。

ですから、被災地への救援物資は、よほど特殊な物でない限りは、日本政府や各都道府県の備蓄、各国、その他の国際団体、大きな民間企業からの寄付も集まっているようです。もちろん、多ければ多いほどよいと思います。
 
ただ、問題は、輸送ルートが限られていて、燃料や物資を現地に送れる量が少なく、十分な量が行きわたりにくいということ。

このため、ニュースにあるように、被災地や避難所への物資や燃料の深刻な不足が生じています。

 物資がないのではなく、輸送ルートが少ないために、届けられないのです。ですから、一般の人が物資を送っても、避難している人たちに今すぐに直接は届きにくいのです。

避難所の人たちが物資や燃料の不足、氷点下の寒さなどで苦しんでいらっしゃる様子を見ると、本当になんとかして一刻も早く、少しでも多く、救援物資が被災地に届きますようにと願わずにいられません…。


とはいえ、今日明日で、塩釜港や秋田県からの陸路、空路のいくつかは復活するようなので、輸送できる物資も少しずつ増えてはいます。できるだけ早く、すべての人に必要な物やケアがいきわたるとよいのですが。。。

 
現時点では、一般の人は、義援金や節電、買いだめしないで物資や燃料を被災地に回す、
などの行動が被災地への援助につながる行動だと思われます。
一般の人が送って役立つのは、義援金、だそうです。
(義援金は、詐欺もありますので、公的機関か信頼できる団体に送金してください)


しかし、避難生活が長引けば、長期的には大量の物資が必要になりますので、
物資の寄付も重要なことだと思います。

ただし、物資を送る場合は、被災地に送らないようにしてください。
一般から送られた物資は保存、確認や仕分けなど様々な手続きを経て配布されます。
個々の物資に対応している余裕が現地にはありません。

救援物資の受け付けは、被災地以外の各都道府県(今日の時点では、福井、岡山、高知、徳島、長野、佐賀などの各県)で受け付けています。
救援物資+各都道府県名で検索するとヒットします。


すぐには送れないですが、輸送経路が回復したら、
都道府県でまとめて被災地へ送ってくれるそうです。
 


佐賀県の受付先は、こちら →東北関東大震災救援物資の受付先(佐賀県)

物資として受け付けているのは以下のような物だそうです(佐賀県の場合)。
ただし、各県で募集しているものが違う場合もありますし、
すでに十分な物資が確保できている物もあるので、何が不足しているか問い合わせてから送ったほうが良いです。
こちらが送ってあげたらいいのではないかと考える物と、現地の人が必要としている物が少し違う場合もあります。


 1.必要な支援物資
必要な支援物資は次のものです。
ただし、使用済みのもの、使用期限が1ヶ月以内のもの、生ものは、ご遠慮ください。



(1)保存食(カップ麺、インスタント麺、乾パン)
(2)水(ペットボトル、500ml、2リットル)
(3)その他飲料(ペットボトル、500ml、2リットル)
(4)生理用品
(5)粉ミルク
(6)紙おむつ
(7)高齢者用オムツ
(8)尿失禁用パッド
(9)毛布(新品又はクリーニング済みの毛布 布団は不可)
※ (1)~(8)については、搬送に便利なように、
箱単位でお持ちいただければ大変助かります。
 
また、ボランティアとしての支援に関心のある個人や団体は、
各都道府県の社会福祉協議会のHPをチェックしてみてください。
すでに様々なボランティアの募集が始まっているところもあります。
現地入りしなくてもできるボランティアもあります。



 本日時点で、死者行方不明者1万1千人以上、
44万人避難、2万3千人孤立とのこと。
 特に、今日からは気温が氷点下にもなり、寒い日々が続くようで、
 一人でも多く、少しでも早く助かりますようにと願ってやみません。。。
 また、避難なさってる方たちのお体のことももちろんですが、
 メンタルへルスのことがすごく心配です…。

 
 この数日、東京都内で、震災で親しい人を亡くされた方たちや、
 地震や津波、原発のこと、食料かいだめ、計画停電などで
 不安になられている方たちのご相談もお受けしています。
 
 直接の被災地でなくとも、とても不安で、つらいお気もちの日々を
 送られていらっしゃる方も多いです。

 
 ご家族やご親戚だけでなく、不安そうにしているお友達やご高齢の方、
 お子さんなどが身近にいらっしゃったら、話しを聴いて、不安を分かち合ってから、
 大丈夫だよと安心させてあげてください。

 少しでいいので、誰かと話して、お互いの気づかいを感じあうこと、
 笑いあったり、ありがとうと言い合うだけでも、気持ちが楽になることがあります。

 
 私自身も、義援金や物資、節電、それから自分の専門領域で
 できる形での支援をしていければと思っています。


 2010.10.17 フレイ君とピサロ(パール)君、最後のツーショット @RIENさんブログより - コピー (2)

 
 Pray and Act for JAPAN!


にほんブログ村 猫ブログ ノルウェージャンフォレストキャットへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
#fc2_text_ad{margin: 14px 0;}#fc2_text_ad span {display: block;float: none;background: transparent;margin: 0 0 2px;}#fc2_text_ad a {padding: 2px;display: block;}
スポンサーサイト

別窓 | 未分類 | コメント:3 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<フレイ君の弟妹たち♪ | ノルウェイ森猫の冒険~フレイ・イン・フロディ~ | フレイ君は無事です。>>

この記事のコメント

こちらもまだまだ落ち着きませんが、反面「何か出来ないか~」って思いますよね(*´I`*)
大変為になる記事でした、とにかく気持ちを落ち着かせ対応したいですね!
ポチッ☆
2011-03-16 Wed 23:27 | URL | みゅうらむ #-[ 内容変更] | top↑
日本に住む人だけでなく、海外に居る方達も本当に心配しているようですね。
たとえ被災地から遠く離れていても寄り添う気持ちが大切なのだと思います。
復興への道のりを皆で支えたいですね。
2011-03-18 Fri 01:21 | URL | Fukumama #-[ 内容変更] | top↑
>みゅうらむさんへ
 そうですよね~、落ちついて対応、大事だと思います。
 まだ余震もありますから、どうぞお気をつけてお過ごしくださいね。

>Fukumamaさんへ
 日本の方だけでなく、海外の友人たちから、安否と気づかいの連絡をもらって嬉しかったです。復興の道のりは、かなり長期になりそうですよね、、、長い道のりを皆で支えていけたらいいですね。
2011-04-03 Sun 10:40 | URL | シェラ(Shehera) #-[ 内容変更] | top↑
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| ノルウェイ森猫の冒険~フレイ・イン・フロディ~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。